出会い系サイトの時代からマッチングサイト全盛の今もはびこっていてユーザーの邪魔をするのが業者。

業者がいなくなればもっと女性と会えるようになって、イライラすることも減るかもしれませんよね。

対策をすれば簡単に排除ができて今よりもっと楽しく遊べるようになります。

そもそも業者とは?という人もいるかと思います。

今日はマッチングサイトを楽しく遊ぶためにも業者の気を付けたいことや知っておきたいことについて説明をしていきたいと思います。

悪質業者

業者とはマッチングサイトで遊んでいるユーザーに取って不利益な行為を働く存在。

さくらと行動が似てるため混同されがちですが、全くの別物です。

  • 業者はマッチングサイトに紛れ込んで活動をすること
  • さくらはマッチングサイト運営が行っている行為

悪質行為を運営がやっているかやってないかの違いです。

援デリ(援助デリバリー)業者

業者でもっとも多く遭遇するのがこの援デリでしょうか。援助交際デリバリーの略で管理斡旋売春業者のことです。

援デリは出会い系マッチングサイトで女性のアカウントを作り、一般ユーザに成りすまして活動をしています。

風俗で最下層とも言われています。

なぜなら、通常の風俗では働けないレベルの女性ばかり。容姿や年齢、メンタルがかなりやられている女性の宝庫です。

デリヘルは風営法上「無店舗型性風俗特殊営業」となり、営業許可を貰わないと出来ない業種です。業者はもちろん違法で営業をしています。要するにいい加減な営業をしているので責任もなにもありません。トラブルの発生率も高まります。

また、風俗嬢の管理も適当で衛生面も期待できなく、重大な性病感染リスクの可能性も高まります。

さてこの援デリ業者ですが、どのようにして活動をしているのでしょうか?

基本は個人を装って男性にパパ活を持ち掛けます。パパ活と言ってもデートをする程度じゃなく肉体関係ありの援助交際。

確実に会えますが、会ったら確実に損をします。

パパ活で女性を会おうとする男性にとっては邪魔以外の何物でもありません。

どうせならパパ活で会うとしても素人とできた方がいいですよね?

勧誘業者

騙されてしまった時のダメージが半端ないのが勧誘系。一歩間違えれば何十万円の損失を被ることもありえます。

援デリのようにエロ系とは違い巧妙度が上がっているので注意してください。個人で勧誘をしている場合もあります。

絶対に騙されてはいけない勧誘業者ですが、大きく分けて以下の3パターン。

マルチ商法(ネットワークビジネス)

マルチ商法、ネットワークビジネス、マルチレベルマーケティング(MLM)のこと。

マルチ商法は、商品やサービスを契約して販売組織に加入した上で、次は自分が友人等を勧誘して新たに加入させると、紹介料やマージン等の利益を得ることができ、これが連鎖的に拡大していくしくみです。

気をつけて!それってマルチ商法かも!/京都府ホームページ

みなさんも友達や知り合いから勧誘されたことがある人もいるかと思います。

ブサ助も高校時代の友達から5年ぶりとかに電話がかかってきて、久しぶりに飲もうと言われて居酒屋に行ったら、勧誘されたことがあります笑

ただこれらはパターン化していて判断付きやすいです。

  1. 日常会話からスタート。
  2. 自然な流れで勧誘へ誘導。
  3. ラインなどで『自由、幸福、向上心、人生が変わった、簡単に稼げる、いい話がある』らへんのキーワードを多用。
  4. 相手から会おうと言ってくる

上記のキーワードを1つでも使ってたら疑ってみてください。

プロフや日記でも『自由、幸福、向上心、人生が変わった、簡単に稼げる、いい話がある』などのキーワードを使ってことがあります。

巧妙な業者はプロフや日記では普通にしてることがあるので、最終的な判断は個別でのやり取りが必要かもしれません。

グループじゃなく個人で勧誘してい女性は素人感出まくりなので判断が付きにくいことも。

ただ、こういう女性は会ってみて逆に契約などをチラつかせてSEXまで持ち込むことも可能。マッチングサイトではこのような女性を専門的に狙う男性会員もいるようです。

宗教

数は少ないですが宗教勧誘もあるようです。

ブサ助はほぼ遭遇したことがないので、結構レアなのかなと思います。

内容はマルチ商法などと変わらないですね。

『稼げる』のキーワードがなくなり、より精神面にアプローチしてくるのが特徴で、人の死後や将来のことについて不安を煽ってきます。

霊感商法(印鑑、仏具、神具、お祓い、占い)とセットになっていることがほとんどですね。

有名どころからカルトまで勧誘しているのはさまざま。

キャッチセールス

外を歩いてたら、スーツのキレイなおねーさんに声をかけられて、誘われるがまま付いていくと、画廊に連れられていき商品を勧められる。

これです笑

絵だけじゃなくて、アクセサリー、エステ、美顔器、などあります。

マッチングサイトで仲良くなった女性と会う約束して居酒屋で楽しく飲んでたら、途中から他の男性1人~2人と現れて商品を勧められるとかですね。

キャッチセールスは会うまで分かりません。宗教やマルチ商法ならメールのやり取りなどでなんとなく分かるんですけどね。

いきなり男性が現れたときは、その時点で即帰りましょう。話を聞くだけで無駄です。店なので相手も変なことはできません。普通に返してくれるでしょう。

危険なのは女性と会ったときに、『自分の知ってる店に行こう!』です。

もしこういう女性がいたらキャッチセールス以外にもぼったくり店に連れていかれることもあります。本当に信頼できる相手じゃないと相手の行きつけの店にはいかない方がいいですよ。

ワンクリック詐欺

出会い系サイトといえばワンクリック詐欺が思い浮かばれます。

そもそもワンクリック詐欺は悪質出会い系サイトがユーザーを騙す手法でした。

その方法が多様化していき、現在ではマッチングサイトに業者として潜り込み、男性会員を騙すこともあります。

よくあるパターンはメールに『こっちで話したい』と言いラインのQRコードを載せて誘導してきます。ただし、マッチングサイトによっては直接QRコードを載せることができないところもあります。

その時はQRコードをキャプチャーして画像として送ってきます。このようにして別の悪質サイトに誘導していく手口です。

誘導はこの2パターン。

  1. QRコードでLINEに誘導される
  2. 他の悪質マッチングサイトに誘導

他の出会い系アプリに登録させて高額な使用料を取る方法です。

  1. QRコードでLINEに誘導される
  2. アダルトサイトに誘導
  3. 動画や画像を見るをクリック
  4. 会員登録完了となり数万円~数十万円の高額請求をされる

サイトの表示にはIPを検出したなども出てきて不安を煽ってきます。支払い期限タイマーもより不安を増長させます。

画面を見てパニックになって、サイトに連絡をして退会するため詐欺業者にメールアドレス、電話番号などの個人情報を教えてしまうなんてこともあります。

もし引っ掛かったら?

完全無視で大丈夫。

IPアドレスだけで個人情報が特定されることは有りません。インターネットに接続をしているとWebサイトの管理者などには、インターネットに接続をするための必要な情報は接続先に知られますが個人を特定する情報までは知られる事はありません。

IPアドレスから住所は特定されてしまうのか? | ITコラム|アイティーエム株式会社

ワンクリックなどの架空請求系は完全無視をすればOK!

業者の見分ける5つのポイント

  1. 胡散臭いキーワードを多用してすぐ会おうとしてくる(勧誘・宗教)
  2. パパ活や援助で会おうとしてくる女性(援デリ)
  3. アダルト要素が強すぎる女性(ワンクリック詐欺系)
  4. 相手からLINEのQRコードキャプチャを送ってくる(ワンクリック詐欺系)
  5. 他の出会い系サイトへ誘導してくる(ワンクリック詐欺系)

勧誘系は相手のメールやプロフ見るだけでだいたい判別が付きます。ただ、キャッチセールスは会ってみるまで分かりません。

援デリと素人の判断ですが、相手に聞くのがが手っ取り早いです。案外これでかなり排除できます。向こうも面倒な客を相手にするぐらいなら他のカモになる男性を探した方が効率が良いからです。

ワンクリック系詐欺は即QRコードやURLで他に誘導してくるので分かりやすいです。

業者とは違うけど人によってはウザイ

サクラと勘違いされやすいのキャッシュバッカー。

セミプロのパパ活女子。

どちらも、人によっては邪魔な存在です。

キャッシュバッカー

キャッシュバッカーとはマッチングサイトでキャッシュバック収入目的で活動している女性 のことです。

ハッピーメール、ワクワクメール。PCMAXといった大手出会い系マッチングサイトでは女性会員がメールを送るなどのアクションをしたらキャッシュポイントが発生します。

ただ、キャッシュバッカーをしている女性はほとんどいません。

なぜなら、お金にならないから。ハッピーメールを例に説明すると、キャッシュバック率は2%なのでメール1通送信して1円。1万円稼ぐのに1万通…。時給に直したら数十円程度にしかならないと思われます。

セミプロの援助交際系女性

セミプロの援助交際系女性とは、それの収入が生活上でかなりを占める人のこと。

セミプロの女性は業者とほぼ変わりがありません。

女性によってはサービスが良かったり、容姿がまぁまぁなこともあります。そこが援デリ業者とは違うところですかね。

素人のパパ活女性を探している男性としたら風俗嬢と変わりのないセミプロ女性は邪魔なだけかもしれません。パパ活の領域には踏み込んでこないで、援助で探していて欲しいと思うところでしょうね。

セミプロ女性の立場で考えたら、エロ目的の男性にアプローチしたくなるのも分かります。

ニューハーフ・ゲイ

ニューハーフとの出会い…危険な未知の領域に踏み込んでみよう

この出会いに興味がない人にとっては迷惑かもしれません。都会だと遭遇する確率が高まります。

業者のいない出会い系サイトは?

業者のない出会い系マッチングサイトは100%ありません。

人気のある出会いマッチングサイトは男性会員も多いので業者にとっては宝の山となります。

とはいえ、優良のマッチングサイトは運営がしっかりと機能しているので、業者の排除に力を入れています。

運営がきちんと仕事をして取りのぞいてくれれば困ることはありません。

あと、業者の区別は慣れれば簡単に出来るようになるのでそこまで不安になることはないと思います。

下ネタは諸刃の剣!例題で納得する3パターンの心理とか嫌われる態度はNG!女性に絶対してはならない7つの言動で女性と接しても向こうから返信が来るのは怪しいです。このように判断することもできます。

でも、一般女性だと判明しても嫌われたらブロックや無視されるからあんまり意味のない攻略法ですけど笑

ごんごん

この間、プロフがキレイな女性からメールが来て他サイトに誘導されそうになりました。

ブサ助ブサ助

大丈夫だった?それはワンクリック系の業者だと思うよ。

ごんごん

はい。見るから怪しそうだったんで無視しましたよ。マッチングサイト初心者の自分でも疑うレベルのメールでしたもん。

ブサ助ブサ助

うんそうなんだよね。ほとんどの男性が騙されることはないと思うんだ。業者をいないサイトを探すんんじゃなくて騙されないことを第一に考えた方がいいよ。

暗黒大陸!昔の出会い系サイトは18歳未満と遊び放題だった?

業者はネットで出会い系サイトが誕生したころからはびこっています。

まとめ

  • どんな出会い系マッチングサイトにも業者は存在する。
  • 業者は『援デリ』、『勧誘系』、『ワンクリック詐欺系』がある。
  • 業者は『援デリ』、『ワンクリック詐欺系』が中心。
  • 勧誘系のキャッチセールスは判断が付きにくい
  • 業者を見分ける5つのポイントがある。
  • キャッシュバッカーとセミプロは業者と勘違いされやすい。

今日は業者全般についてまとめてみました。

業者にもいろんな種類がありますね。

業者と絡むのは時間の無駄となるので、見つけ次第、ブロックをして無視するのがいいと思います。